化粧水を使用する効果って何?

シミやシワ、肌のたるみや乾燥のない綺麗な肌を作り出すためには、毎日のスキンケアがキーポイントとなってきます。

スキンケアには、洗顔やクレンジングなど汚れを取り除くものと、美容液やパックなど、美容成分を補うものに分けることができます。

化粧水はスキンケアアイテムの中でも、最も使用頻度が高いと言っても過言ではありません。

朝の洗顔後と、夜の入浴の後に使用する人が多く、1日2回以上つけるという人も少なくありません。



そのため、スキンケアの基本とも言われています。



一言で化粧水と言っても、その種類はさまざまです。



乾燥肌や敏感肌、オイリー肌によって配合されている成分を変えることで、気になる肌トラブルを改善させる効果が期待できます。
化粧水で、よく誤解されることが、つければつけるほど肌が補うというところです。
ですが、いくら肌に水分をつけても、一定量以上の水分は肌に浸透はしません。水分をつけた瞬間は肌が潤うように感じますが、浸透しきれなかった水分は、やがて蒸発してしまいます。
この時、肌の水分を奪ってしまうこともあるので注意が必要です。


乾燥肌をケアするなら、化粧水をたくさんつけるのではなく、パッケージに書かれている適量を守る必要があります。

そのうえで、保湿効果に優れている成分配合の美容液やクリームをつけることがおすすめです。

化粧水を使用する効果は肌に水分を与えることではなく、肌の状態を整えて、その後のスキンケアの働きを高めるものと考えるようにしましょう。