化粧水を手のひらやコットンで効果的につける

化粧水は洗顔後に素肌に一番につける基礎化粧品です。


効果は肌を保湿してキメを整えます。
洗顔後の肌は必要な成分と油分が汚れと一緒に落とされた不安定な状態です。

化粧水で水分を保湿成分を補うと肌に潤いを与えると美容液なども浸透しやすくなります。化粧水には目的によって種類があります。
保湿以外に目的がない一般用タイプ、シミやそばかす対策や美白タイプ、ひびやあかぎれ対策にはアルカリ性タイプ、キメを整える収れんタイプ、古い角質や汚れを取り除くことができる拭き取りタイプ、ニキビ用などさまざまです。

選び方に迷う時には普段用に一般肌用タイプを利用し、目的にあったものがあれば一般肌用タイプは補足的に利用します。
化粧水をつけるときには効果的な使い方は手のひらを使うメリットはコットンよりも肌への刺激が小さく、手のぬくもりで自然と毛穴が開きやすく浸透しやすいです。
デメリットはコットンと比べるとつけるときにムラができてしまい十分に浸透させることが難しいです。



コットンを使うときには優しくパッティングしても手のひらと比べると肌への刺激がありますがムラなく浸透されることができます。

コットンを使うときのコツは惜しまずたっぷりと化粧水を含ませます。

手のひらでもコットンでも洗顔後なるべく時間を空けずにスキンケアすることがポイントです。


パッティングするときには叩くと刺激となってしまうため避けて、優しく押さえてじっくりと馴染ませます。



乾燥しやすい目元や口元にはたっぷりと含ませたコットンを5分くらい置いておくことが効果的です。